SPICEの特集記事を検索します>>

号別一覧記事一覧表紙一覧

SPICEについて

掲載料金

各コーナーのご案内

特集記事

お問い合わせ

HOMEへ戻る
2016年11月1日(火)折込 Vol.315

記事一覧を見る>>

表紙特集/旬の美味しさ「洋風魚料理」

■のどぐろのアクアパッツア 1匹2,500円 2匹3,500円

旬の美味しさ「洋風魚料理」

 11月、カニの解禁を迎え、魚の美味しくなる季節です。 今回ご紹介いただいたのは、高級魚の「のどぐろ」をまるごと煮込んだアクアパッツァ。 のどぐろは白身で淡白ながら、しっかり脂がのり旨みがたっぷりの魚。 洋食になじみのない年配の方にも好評で、コクのあるスープを自家製パンとともに楽しめます。 パンの代わりにご飯を入れて雑炊風に食べるのもおすすめですよ。 他の魚でもできますので、お問合わせください。 これから冬にかけて岩津ネギやカキ、カニなど、旬の食材を活かしたメニューも続々登場します。 なお、毎月第2土曜日にはライブ(13時〜・ノーチャージ)も開催とのこと。 ぜひ食欲と芸術の秋をご堪能くださいね。 



■せこがにのパスタ 1,800〜2,000円


〈取材協力〉
Taverna SAKUHATA
(タベルナ サクハタ )

豊岡市日高町岩中199-1
TEL.0796-20-4365
〈営〉11:00〜14:30、17:30〜21:00(LO 20:30) 
〈休〉水曜日 ※価格は全て税別です

■的鯛(バトウ)のオレガノとマスタード風味のムニエル カリフラワーのピクルスとサラダ添え セロリのソース

  様々な調理法、季節による旬など、飽きがこないのが魚料理の魅力。 こちらでは毎日新鮮な魚を仕入れ、独自の感性でこだわりの料理を提供しています。 魚料理は塩加減やいかに火を通すかが大切で、熟練の技で手際よく調理し、盛り付けられていきます。 今回ご紹介の、お店の名前でもある「サン・ピエール(的鯛)」使用のオレガノとマスタードが香るムニエルは、味付けもソースも絶妙で、付け合せの自家製ピクルスも大変美味。 もう一品は地物の大きなヒラメを皮がパリパリの状態に焼き、バジルの代わりにキクナ使用のソース・「江本ネーゼ」をかけたもの。 キクナのほのかな苦味が、おしゃれなジェノベーゼに変身しています。 またお得な「魚のランチコース」1,280円(要予約)もお勧め。 魚の美味しさを再発見できますよ。



■ヒラメのカリカリ焼き かぼちゃのキャラメリゼと キクナのオリーブソース”江本ネーゼ”


〈取材協力〉ル・サンピエール 

豊岡市江本26-56 TEL.0796-24-5505
〈営〉11:30〜13:00(要予約)、17:00〜 
※日曜は16:00〜営業
〈休〉月曜日 ※価格は全て税別です。

やっぱりいいね「魚料理」

※スパイス読者モニターのアンケート調査より

●・子供の頃、 親戚からさんまの開きを箱で毎年もらった。 ・浜育ちの祖母の「あんこのともえ」という料理が絶品、もう一度食べたい!・毎年年末は石持カレイの煮付けがおいしかった。 高級魚です。(Sako)
 
●子供の頃は、 通称 「浜のおばちゃん」と呼ばれる人が、リヤカーで獲れたての魚を売りにきていた。(パセリ)
 
●骨があって食べにくく、子供の頃は魚が苦手だった。 だんだん魚料理もいいなあと思えるようになったのは、やっぱり歳のせいだろうか。(げんき印)
 
●子供の頃、 カレイの煮付けの日は父の皿に必ず肝が添えられてた。当時は興味がなかったが、近年分厚いカレイに大きな肝がついてて食べてみたら美味だったので、今は私の皿だけに肝が添えてあります。(滝沢真澄)
 
●主人が魚釣りが好きで、よく行ってる。 新鮮な魚が食べらるし、さばいてくれるのでラッキー♪(ぷりん)
    
●漁港が近いのと、近くに親戚(船主)があるのでよく魚を貰う。 肉よりも魚(魚油)の方が健康上良いので、できる限り魚料理を頂くようにしている。(YH)

●海辺で育ち魚好きの私が結婚当初、鯖の塩焼きを食べた時、「魚に恨みでもあるのか」と夫に言われる位、骨だけ残しきれいに食べたらしい。 夫は魚を食べるのが苦手でたくさん身を残していた。(春)

●魚の名前さえよく知らなかった私…さわるのも嫌だったのに姑に仕込まれ、今ではまな板位の魚から、釣りでgetした7〜8cmの魚まで三枚おろしにして刺身にできる。(歌姫)

● 子供達には小さい頃から魚をよく食べさせていたため、魚が好きな大人になった。 幼い頃の食生活は親の影響だと痛感。(アリエール)
 
●あまり魚を好まない子供達。 魚料理の日は必ずブーイング。 明らかに箸の進みも悪い。 そりゃぁ毎日あなた達の好きな肉料理、出してあげたいけど、栄養のバランスとか気になるんだよ! 揚げたり炒めたり手軽に料理出来る肉料理の方が私だってホントは楽なんだ。 だけど家族の健康を願って魚料理してんだよ。 文句言わずに食べてよね!!(T・C)
 
●肉が食べれない私は小さい頃から魚が大好き! 若い頃は回転寿司で最低でも20皿は食べてました! 今は健康のために10皿と決めてます! 海育ちなので、のどぐろを普通に食べてました(^_^)(豪くん)



お知らせオンデマンド印刷事業部企画制作情報紙会社案内リンクお問い合わせサイトマップ

ジョインスリー 〒668-0014 兵庫県豊岡市野田116(Joint神戸メガネ様2F)
TEL.0796-23-7731・7737 FAX.0796-23-7735 Email : info@join3.jp

Copyright 2005 join3 Co.,Ltd.