SPICEの特集記事を検索します>>

号別一覧記事一覧表紙一覧

SPICEについて

掲載料金

各コーナーのご案内

特集記事

お問い合わせ

HOMEへ戻る
2017年7月1日(土)折込 Vol.324

記事一覧を見る>>

但馬の魚醤

かに・甘えび・のどぐろ・はたはた・どぎ 1本 各1,800円(税別)<100ml>
かに・甘えび・のどぐろ・はたはた・どぎ 1本 各1,800円(税別)<100ml>
但馬の魚醤5種。地元の天然素材を使った、無添加のお醤油。

使ってみたいと思っているが、値段が高くて、まだ購入したことがない。(心)

一度使うと手放せなくなる!料理の味がぐっと引き立つ、今、注目の調味料。但馬の魚醤(ぎょしょう)


「紅かに」「甘えび」「のどぐろ」「はたはた」「どぎ」
但馬の魚醤5種!地元の天然素材を使った、無添加のお醤油。

 昨年の9月から販売された5種類の魚醤。但馬漁業協同組合が、大徳醤油さんの協力の下、ようやく完成させた、至極の逸品です。
 漁協だからこそできる、漁業者支援という想いの中からできた商品。少しサイズの小さいエビや魚、脚が取れてしまったカニなど、競りに出せない魚介類を、なんとか有効利用したいと、丸ごと使える魚醤へと生まれ変わらせました。
 それぞれの特徴を生かしつつ、但馬で水揚げされた天然の魚介類をたっぷり使用するので旨味がしっかり出ています。また、大徳醤油さんこだわりの大豆と小麦でつくった醤油麹で、約1年間熟成させるので、魚醤独特の臭みはほとんど感じません。一番人気は香住ガニ(ベニズワイガニ)を丸ごと使用した『かに』。カニを入れずともカニ風味の茶碗蒸しや雑炊が楽しめます。数滴加えるだけで、お料理にコクと旨味が増す、魔法の調味料、箱入りで贈答用にもおすすめです。



おいしい食べ方の載った栞付き。


瓶の裏にはレシピ直通のQRコード。


炊き込みご飯に加えて風味豊かに。


但馬漁業協同組合
美方郡香美町香住区若松748番地
TEL.0796-36-4545
http://www.jftajima.com/
遊魚館 (休)火曜日/(営)8:30〜17:00
<販売>遊魚館・直売所・道の駅 あまるべ・HPなど




蝶のしずく 1本1,080円(税込)<200ml>
蝶のしずく 1本1,080円(税込)<200ml>
プラス300円でおしゃれなクロスでラッピング

ちょうざめの魚醤/健康醤油としても注目。
小代に特産品をと、すっぽんの養殖をはじめて15年ほどたった頃、次に目をつけたのが『チョウザメ』だったそう。チョウザメは世界の三大珍味『フレッシュキャビア』が何よりの魅力ですが、身も淡白で、刺身で食べてもおいしいです。しかし最終的には6割ほどがアラになってしまうという現実。そこで養父市の大徳醤油さんへ相談し、2年がかりで魚醤として製品化。東京海洋大学の先生の協力も得ながら成分を調べてみると、天然のタウリン・カルノシンなど栄養価が高いこともわかりました。
 無添加の『蝶のしずく』は、昨年には兵庫県の特産品『5つ星ひょうご』にも選ばれ、また香美町内での学校給食にも使われているそうです。神戸のホテルの料理長からも愛用され、リピーターの方も増えてきているそうです。
 クセや臭みがなく、どんなお料理にも相性がいいのも、愛される理由です。



お料理全般何にでも使えて便利!


カルパッチョやお刺身にも合いますよ。


『チョウザメ』という名前ですがサメではないのです。



熟成しておいしいお醤油になりました。


〈取材協力〉香美町小代内水面組合
美方郡香美町小代区神水744-1
TEL.090-3280-2959(邊見さん携帯)
<販売>おじろん・小代物産館・道の駅 神鍋高原・ 道の駅 村岡ファームガーデン


ほたるいか魚醤 1本800円(税別)<100ml>
ほたるいか魚醤 1本800円(税別)<100ml>

  おしゃれなパッケージが目をひく、ほたるいか魚醤。水揚げ日本一を誇る浜坂のほたるいかを使い、じっくり2年以上の熟成期間を設け、できあがりました。ほたるいからしさを失わない、何にかけてもおいしい魚醤です。
 大徳醤油の作る魚醤は、一般的な塩と魚のみでつくる魚醤とは違い、醤油麹を合わせて長時間発酵・熟成させて作ります。大きな違いは生臭さがなくなるという点。魚介由来のイノシン酸と大豆・小麦由来のグルタミン酸という2種類の旨味成分が、独特のコクを引き出すのです。コウノトリの野生復帰に取り組む農家でつくる大豆と小麦、伝統の醤油づくりの技、オール但馬全てが集結した魚醤です。 



浜坂のほたるいかそのままを魚醤に。

とびうお魚醤 1本600円(税別) <200ml>
とびうお魚醤 1本600円(税別) <200ml>

 とびうおの魚醤ができたのは、今から10年ほど前。大徳醤油が魚醤に取り組み始めた一番最初のきっかけとなったもの。
 香住の水産会社の社長との水産廃棄物をなくしたいとの想いから始まったプロジェクト。醤油麹の力で発酵して作る魚醤は、何にかけてもおいしく、お料理の腕がグンとあがった気になる、秘密の隠し味的存在。発売以来、根強いファンも多く、リピートも多いそう。和・洋・中お料理全般に何にでも使えます。



魚醤の一番簡単おいしい食べ方。「卵かけごはん」。やってみて!


パスタに少量。イタリアンに合います!


伝統の醤油作りを続けています。


大徳醤油株式会社
養父市十二所930-3
TEL.079-663-4008
http://daitoku-soy.com/
<販売>玄武洞ミュージアム・但馬蔵・たじまんま・村岡ファームガーデン・HPなど







お知らせオンデマンド印刷事業部企画制作情報紙会社案内リンクお問い合わせサイトマップ

ジョインスリー 〒668-0014 兵庫県豊岡市野田116(Joint神戸メガネ様2F)
TEL.0796-23-7731・7737 FAX.0796-23-7735 Email : info@join3.jp

Copyright 2005 join3 Co.,Ltd.