SPICEの特集記事を検索します>>

号別一覧記事一覧表紙一覧

SPICEについて

掲載料金

各コーナーのご案内

特集記事

お問い合わせ

HOMEへ戻る
2019年2月1日(金)折込 Vol.353

記事一覧を見る>>

ほかほかあったかい!お蕎麦やさんでいただく ぜんざい

そばぜんざい/540円(税込)
そばぜんざい/540円(税込)

ほかほかあったかい!お蕎麦やさんでいただく ぜんざい


 冬の出石の街歩きを楽しみながら、あったかいぜんざいはいかが?冬季限定で登場する如月さんのそばぜんざいは、お蕎麦用のそば粉を練りこんだ、風味豊かなだんごが入った、贅沢ぜんざい。そばの風味が楽しめ、歯ごたえもしっかりした、もちもちのそば団子が楽しめます。
 丹波の小豆を使用し、じっくり炊き上げたあんこは、芯までしっかり小豆の旨味がする、やわらかい粒のぜんざいに。ぜんざいらしい優しい甘さが、寒い冬に染み込みます。
 出石でも珍しいそばぜんざい。名物の「出石皿そば」だけでなく、何か新しいことをしたいという店主の想いから、夏にはそば粉とそばの実を加えたわらび餅に、そば粉入りのきな粉を添えた「そば粉わらび餅」なども登場。甘味だけの休憩にもどうぞ。







出石皿そば 如月
豊岡市出石町八木23
TEL:0796-52-5591
【営】10:00〜17:00
【休】毎週水曜日






三色ぜんざい/626円(税込)
三色ぜんざい/626円(税込)

 竹野・床瀬そばでいただく『三色ぜんざい』は、白・よもぎ・栃餅の3種類の手作り餅が入った、こだわりぜんざい。お蕎麦を食べた後のデザートに、寒い時期だけでなく、年中人気だそう。
 緑色が鮮やかでよもぎの香りがしっかりするよもぎ餅は、早春の若芽時期に床瀬で収穫した、柔らかくて香りのよいよもぎを使用。また栃餅は、冬の間に手作業で手間と時間をかけ、灰による灰汁抜きをし、丁寧に昔ながらの味を引き継いで作られています。小豆は床瀬産の
『大納言小豆』を使用。皮が薄くて、粒が大きいのが特徴。それぞれの素材の味を楽しめるよう、甘すぎず、あっさりと仕上げられたぜんざいは、お蕎麦の後でもペロリっと食べれてしまいます。2色(白・よもぎ)のぜんざいもあります。栃餅は数に限りがあります。









床瀬そば
豊岡市竹野町椒641-1
TEL:0796-48-0406
【営】10:30〜17:00 【休】なし
http://www.tokosesoba.com





Q.家庭で作るぜんざいレシピや、ぜんざいに関する思い出など教えてください。
●主人の実家ではお雑煮がぜんざいだったので驚いた。お母さんが甘いもの大好きなのでそうなったのか?この地方のものなのかはわからない。(パンダ)
●ぜんざいの中のお餅は断然、焼きもち、がいいです!!!香ばしい。(ルチアーノ)
●関東のぜんざいの汁がないのを初めて知った。(ねこにゃん)
●昔、寒い日や、風邪をひいた時に食べた祖母のぜんざいにおろししょうがが入っていて美味しかった。(唯葵菜)
●ぜんざいにきな粉をかけると美味しい。 (SKY)
●乾燥した小豆を戻してから、小豆の汁を作り、餅は自家製。杵、臼を使ってついた餅は美味しかった。手間を惜しまず両親が作ってくれた昔の人の料理
は心に染みる。(歌姫)
●親戚の伯母が栃の実から作る栃餅をぜんざいに入れると香ばしくて美味しい♪(はるぽ)
●毎年、おまつりで頂いたお餅がある時、市販のあずき缶と水を使ってお手軽に作って、食べるのが楽しみ!(みっちゃん)

※スパイス読者モニターのアンケート調査より



お知らせオンデマンド印刷事業部企画制作情報紙会社案内リンクお問い合わせサイトマップ

ジョインスリー 〒668-0014 兵庫県豊岡市野田116(Joint神戸メガネ様2F)
TEL.0796-23-7731・7737 FAX.0796-23-7735 Email : info@join3.jp

Copyright 2005 join3 Co.,Ltd.